腰痛の予防には運動

運動後には湯船に入ろう

腰痛対策には入浴が大切

体操やストレッチなど、腰痛対策の運動をした後は、湯船に入って体を温めましょう。運動後なのでシャワーを浴びた方がさっぱりしますが、入浴には腰の痛みを和らげる効果があります。血行を促し、浮力が腰にかかる負担を軽減してくれるからです。

お湯の温度は40℃以下を目安にします。量はみぞおち辺りがつかるくらい。つまり半身浴スタイルです。腰に負担をかけないように座り、10分から30分ほど浸かります。顔から汗が出て来たら、上がるタイミングです。

湯船の中にいる時は簡単な体操を取り入れると、腰痛の予防や改善になります。例えば湯船のふちを両手で持って腰を左右に捻ったり、腹筋を使ってお尻を上下するなどです。滑って転倒しないように気をつけましょう。のぼせるまで続けるのも禁物です。もちろん何もせずに、ただ浸かるだけでも十分に効果はあります。

湯上りには熱めのシャワーをサッと浴びると、血行が促進されます。湯冷めしないように保温効果の高い肌着やパジャマなどに身を包み、効果を持続させましょう。

温泉も腰痛に良いと言われていますが、基本的には自宅の湯船に浸かっているのと得られる効果は同じです。今のところ、腰痛に特定の薬効成分が良いと立証されているわけでもありません。長時間の移動に伴う腰の負担を考えると、自宅か近場のスーパー銭湯で済ませた方が無難です。

ただし同じ腰痛でも、ぎっくり腰や酷使によって炎症を起こしている時は、入浴することで却って悪化させてしまいます。この場合は逆に患部を冷やした方が痛みを抑えられます。体を洗うにしてもシャワーで済ませましょう。こうした急性の腰痛に温める方法は向いていません。あくまでも慢性的な腰痛に対して効果があります。

Copyright © 腰痛は運動不足が原因?. All rights reserved.