腰痛の予防には運動

運動しても腰痛になる場合

腰痛の人は間違った筋トレかも

「腰痛には運動が良い」と言われています。腰痛の原因に運動不足があるからです。けれども、頑張って筋トレをすると却って腰痛がひどくなる場合もあります。その違いは何なのでしょうか。

腰痛の大半を占める「筋筋膜性腰痛」は、腰の筋肉が疲れたり硬くなることで発症します。筋肉不足が直接の原因になるわけではありません。一方、筋トレは強力な負荷をかけた時に筋肉を硬くします。これによって腰痛を悪化させてしまうのです。

もちろん、腰痛の予防に筋トレを行うのは有効です。筋肉そのものが強化されて、上半身を安定させることができます。また、血行を良くするので筋肉のコリが解消されるのです。ただし、あくまでも「予防」であって、腰痛になってからの筋トレは逆効果です。むしろストレッチで腰回りの筋肉を緩めてあげた方が良いでしょう。

逆に「予防のために筋トレをしていたのに腰を痛めてしまった」という人は、間違いを犯している可能性があります。筋トレで重たいものを持ち上げるなど、腰に負担をかける運動をする時は、背骨の下にある「腰椎」を安定させなければいけません。不安定になると、腰椎の周りにある筋肉に強い力がかかって痛めてしまうからです。

腰椎を安定させるには、腹圧を高める必要があります。つまりお腹の内側の圧力を腹筋の力で高めるのです。腹圧を高めるにはお腹周りにある腹直筋や腹斜筋を鍛えるのが一番ですが、予防のためにコルセットやトレーニングベルトなどでサポートしてあげた方が安全です。

他にも無理な体勢で筋トレを行うと、やはり腰の筋肉を硬くします。特に猫背のように背中を丸めるのは要注意です。自己流ではなく、正しい指導のもとで行いましょう。もちろん腰痛になってしまったら、筋トレは控えた方が無難です。

Copyright © 腰痛は運動不足が原因?. All rights reserved.